その髪の洗い方、本当に正しい?

頭髪ケアと一口に言っても何から手を付けていいかわかりづらいと思います。
髪の毛は身体の一部なので、シャンプーや育毛剤だけでなく、食べ物や生活習慣などを含めて複合的に考える必要があります。

手を付けやすいのは髪についての影響だけを考えることです。
シャンプーは洗浄成分の強いものがほとんどですが、アミノ酸系のような地肌にやさしいものを選択したうえで、髪を、ひいては頭皮を正しく洗うことが、薄毛・脱毛の予防へとつながります。
髪の乾かし方も日常の入浴後の所作によって意識することができます。
濡れた頭皮は雑菌に好適な環境であるため、自然乾燥ではなく、しっかりタオルで水気を取ると良いでしょう。
タオルドライ後のドライヤーも、熱風を同じ個所に吹き付けるのではなく、髪全体を少し湿っている程度に乾かし、そこからは弱い風で髪の根元を乾かしていきます。

また、髪に良いとされるワカメ等の海藻類は本当に髪に良いのでしょうか。
実は、海藻には食物繊維やビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれており、これらは髪をつくる代謝に正に作用するため、たしかに髪に良いといえます。
他にも、含まれる栄養から、髪に良いとされる食べ物は沢山あります。
しかし、本当に重要なのは、そうした食べ物の栄養素が髪をつくる代謝に乗り毛根へと運ばれる体内環境をつくることです。
飲酒は、ほどほどであれば血行を促進する程度ですが、過剰量の飲酒は肝臓をフル稼働させるため、体中の栄養素とエネルギーを要求し、折角髪へと届けられる予定だった栄養がアルコールの分解に用いられてしまい、頭髪にダメージを与えることにつながります。
喫煙も、ニコチンを取り込むことによる異物排除の機構が働き、活性酸素が発生することによる身体へのダメージ、それに伴うビタミンC消費により、頭髪を傷めます。
要するに、頭髪の環境維持・増進には刺激物を控えたバランスの良い食事が重要であるということです。

育毛剤を使ってみよう!でも何を選んだらいいの?

もっと髪を生やしたいのであれば、育毛剤を使うのも手です。 近年では様々なメーカーが育毛剤を販売しているため、ユーザーの選択の幅が広がっています。 様々な育毛剤が売られている中、果たして何を選んだらいいのか? 育毛剤の種類と、うれしい試用期間について解説します。

Copyright © 男性向け頭髪のケアテクニック. All Rights Reserved.

TOPへ戻る