男性の薄毛・脱毛対策

>
この記事をシェアする

頭髪の悩みには普段のケアが肝心!

シャンプーはガシガシ洗ってはいけない

頭髪のケアは普段のシャンプー選びから始まっています。
シャンプーに含まれる洗浄成分により、石鹸系、アミノ酸系、高級アルコール系の3種類に分類されます。
洗浄能力が高いのは石鹸系や高級アルコール系ですが、頭皮への負担が心配されるため、人体と同じ成分のアミノ酸系のものを選ぶと安心です。

シャンプー同様に重要なのが髪の洗い方です。
まずは髪全体を30秒から1分程度を目安にしっかり濡らしましょう。
そしてシャンプーを後頭部でしっかり泡立ててから徐々に前の方へと手をスライドさせていきます。
この時に重要なのが洗い方。
ガシガシ洗ってしまうと、頭皮に傷が付く恐れがあります。
そのため、指の腹で頭皮をマッサージするように弱い力で髪を洗いましょう。

入浴後も気をつけて

濡れた頭皮は雑菌に好適な環境です。
そのため、自然乾燥ではなく、しっかりタオルで水気を取りましょう。
しかし、タオルドライも強い力で行うと髪同士の摩擦が起こり、キューティクルの大きなダメージにつながってしまいます。
タオルを当て、指を小刻みに動かしながら地肌付近をふき取り、その先は毛束をもみ込むようにすることが理想的です。

ドライヤーは熱風なので、同じ個所に当て続けないことが重要です。
タオルドライ後の髪全体をザッと乾かしたら、風を弱に切り替え、髪の根元を乾かしていきます。
特に根元の乾かし方によって、スタイリングの仕上がりが変わってくるため、風を髪と髪の間に空気を入れながら、毛束を持ち上げながら乾かす方法がベストです。


Copyright © 男性向け頭髪のケアテクニック. All Rights Reserved.

TOPへ戻る